fv17の日記 - Coding Every Day

Webエンジニアの備忘用ブログです。主にWeb界隈の技術に関して書いています。

RailsにRSpecを導入する手順

everyday Rails の第2章より必要な要素だけ抽出

目次

  • RSpecの導入
  • 出力フォーマットを読みやすくする
  • binstubを使い、起動時間を短くする
  • テスト用のファイルを自動生成する設定

RSpecの導入

Gemfile

group :development, :test do
  # ...
  gem 'rspec-rails', '~> 3.6.0'
end

書き換えたら bundle install

インストール

bin/rails generate rspec:install

.rspecファイル(設定ファイル)とrspecフォルダが作成される

出力フォーマットを読みやすくする

.rspec

--require spec_helper
--format documentation

binstubを使い、起動時間を短くする

Gemfile

group :development do
  # ...
  gem 'spring-commands-rspec'
end

binstubの設定ファイルを作成

bundle install
bundle exec spring binstub rspec

起動確認

bin/rspec

テスト用のファイルを自動生成する設定

下記の設定だとモデルとコントローラのスペックが自動で生成される。
config/application.rb

module Projects
  class Application < Rails::Application
    config.load_defaults 5.1

    config.generators do |g| 
      g.test_framework :rspec, 
      fixtures: false,
      view_specs: false,  # フィーチャースペックやシステムテストがあるため不要
      helper_specs: false,
      routing_specs: false  # routingが複雑になってきたらちゃんとテストしよう
    end
  end
end

オススメの追加設定

下記記事の設定を追加すると、FactoryBot.create(:user)をcreate(:user)と書くことができるので楽
forest-valley17.hatenablog.com