fv17の日記 - Coding Every Day

Webエンジニアの備忘用ブログです。主にWeb界隈の技術に関して書いています。

忘却曲線に基づいた効率の良い復習方法

忘却曲線とは?

ある事柄を記憶した後、時間をおいたらどの程度思い出せるか、についての実験結果を図示したもの

f:id:fv17:20181011123538p:plain

出典: 忘却曲線 - Wikipedia

忘却曲線に関する補足

  • このグラフの縦軸が示しているものは、節約率であり、記憶の定着率ではない(Wikipediaより)
  • 節約率とは、一度学んだ内容を復習するのに、を時間等をどれくらい節約できたかを表す割合
  • 節約率を示しており、「1日で半分忘れる」などと、忘却曲線を根拠に定着率に言及するのは厳密には正しくない
  • 復習回数を重ねることで、思い出すのに必要な時間が短くなり、長期記憶が形成されていることが分かる

効果的な復習間隔

よく言われるのは、1日、3日、1週間、2週間、1ヶ月、3ヶ月。これをベースに、自分なりにアレンジすれば良い。

3回目の復習は1週間とあるが、これは初めて学んでからではなく、2回目の復習から1週間後。つまり、初めて学んだ日を1日目とすると、

  • 1回目の復習:2日目
  • 2回目の復習:5日目 (前回の復習から3日)
  • 3回目の復習:12日目 (前回の復習から1週間)
  • 4回目の復習:26日目 (前回の復習から2週間)
  • 5回目の復習:56日目 (前回の復習から1ヶ月)
  • 6回目の復習:146日目 (前回の復習から3ヶ月)

やはり勉強は繰り返しの復習が重要

教科書を7回読むだけで、断然トップになれた!(前編) | プレジデントオンライン
教科書を7回読むだけで、断然トップになれた!(後編) | プレジデントオンライン

ポイントは

  • 復習含め、7回繰り返し学習する
  • 学習はスピード重視で、理解しようとしない。

1回目を読むとき、何より大切なのは内容を理解しようとしないこと。最初から丁寧に読んで理解しなければと考えると、「大きなストレスになるから」

自身の経験から

1回目の復習は1週間後ではなく3~5日目が良い。1週間空けてしまうとあまり覚えておらず復習効率が悪く、モチベが下がる。2週間空けてしまうとほぼ覚えていない。

1回だけ復習するよりも、2回、3回と繰り返し復習した方が覚えている割合が多い。1回だけ復習すると60%程度の記憶、2回目だと90%、3回目だと95%という感覚。

3回だけ復習した場合、半年後に該当の記憶がかなり薄まっており、4回、5回と繰り返さないと忘れる本当にそう?という部分であるが、7回やるを意識する。

自身への教訓:

  • 1回目から丁寧に読み込んでブログ記事にするのは非効率。6~7回目の復習でやる。
  • 最初から丁寧な勉強法から速度重視の勉強法に切り替えてみる、それに付随して1日目で復習してみる。